銀の鍼

 

経絡治療では気の調整を行うために銀の鍼とステンレスの鍼を使い分けています。どちらも使い捨てです。

 

 

 

銀の鍼はあたりが柔らかいので肌への刺激がやさしく、肌組織へのなじみもよく心地が良い鍼です。

 

刺入の痛みも少ない特性があります。気血の流れが良くなり陰陽のバランスを整えてくれます。

 

 

 

その反面腐食しやすい、折れやすいという難点がありますが当院の治療ではごく浅い刺入しかしませんので心配はご無用です。

 

問診の際に伺いますが金属アレルギーのある方は教えてくださいね。

 

 

 

ステンレスの鍼は丈夫でアレルギーの方にも心配なく使用できます。

 

銀に比べて「強い鍼」なのでエネルギー過剰なところの処置に使ったり、通電・鍼にもぐさをのせてのお灸(現在当院ではやっていませんが)に適しています。

 

 

 

材質の違い、太さや長さの違い、鍼先の形などの加工の違いを使い分けて鍼灸師は治療をしています。